キクイモ  Helianthus tuberosus/キク科/多年草/別名 エルサレム・アーティチョーク
 2001年10月13日、保土ヶ谷公園球状駐車場わきの斜面にて。

 大きないも(塊茎)をつくる。北海道の畑の縁や野で茂っているのは、第二次世界大戦の名残で、戦争末期、航空燃料の不足を補うため、キクイモからアルコールを作ったためとのこと。
 原産地・・北アメリカ。
 分布・生育地・・日本全土。特に北海道に多い。原野や線路沿い、空き地など。
 草丈・・1.5〜2.5m。葉は粗い鋸歯がありざらつく。3脈が目立つ。
 花期・・8〜10月。花径6〜8cm(頭花)。
 類似種・・花弁の先が細いイヌキクイモ
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system