カリガネソウ  Caryopteris divaricata/クマツヅラ科/多年草
 2009年9月23日、皇居東御苑
 事前に見た図鑑では「全体に不快な臭気がある」と記述されている図鑑がほとんどだが、それほどの臭いは感じられなかった。花の外までビュ〜ンと元気よく飛び出し曲がるしべと、裂けた花冠の一つにあるまだら模様が特徴。

 和名雁草(かりがねそう、かりがねとはガンのこと)、別名帆掛草(ほかけそう)とも花形からの連想。
 北海道から九州に分布。山野にはえる。
 茎は四角く上部で分枝し高さ1m内外、葉は対生で、長さ5〜13cm,幅4〜8cmの広卵形。先はとがり、縁に鈍い鋸歯がある。
 花は夏から秋、青または青紫色の花をつける。花冠の筒部は長さ8〜10mm。花冠の先は5裂し、下側の1個が大きい。4本の雄しべと雌しべは花外に出て弓形に曲がる。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system