カラタチ  Poncirus trifoliata/ミカン科/落葉低木
 2005年4月30日、鎌倉市内
 何年か前に一度見たカラタチの生垣を憶えていて、花の写真を撮りたいと常々思っていたのが実現できた。歌にも歌われている花だが少なくなっている。不思議なのは、どう見ても花弁が6枚あることだ。変異なのだろうか。

 名は唐橘(からたちばな)の省略。アゲハチョウの幼虫はカラタチの葉を食べて育つそうだ。
 中国中部(長江上流域一帯)原産。奈良時代に朝鮮半島を経て渡来。
 時に野生化を見るが、生垣に栽植する。
 刈り込まなく自由に育てると幹は2m内外の大木となる。枝は稜あり多少扁平。葉が変形した長さ2〜3cmの鋭いとげがある。葉は3小葉からなり葉柄に翼を持つ。
 花は4〜5月、葉より先に単生で径4〜5cmの白色の花が咲く。がく片5、花弁5、雄しべ多数。
 果実は黄色で径4〜5cmぐらい。薬用となる。

 花言葉:温情、泰平、相思相愛
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system