カナムグラ(鉄葎)  Humulus japonicus Humulus: カラハナソウ属。ホップのラテン名から。
japonicus: 日本の(of Japan; Japanese) /クワ科/蔓性一年草
 2001年9月1日、神戸町桜ヶ丘高校から下りる坂道わきで。

 カナは鉄のこと。茎の蔓が強いので鉄線に例えたもの。ムグラ(葎)は群がって生い茂る雑草のこと。
 分布・生育地:日本全土。原野、道端、荒地、藪かげなど。
 蔓の長さ:2〜5m。まわりのものにからみついて長く伸びる。
 花期:8〜11月。雌雄異株。花の径:雄花の径は5〜6mmで円錐花序となる。雌花は苞に包まれる。
 名が似ていて春に咲く、ヤエムグラは、アカネ科で別科。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system