ジンジャー  Hedychium coronarium Koen. var. chrysoleucum Baker/ショウガ科/球根多年草
 2001年9月24日、こども植物園薬草園。
 全体がややカンナに似ていて、緑濃い葉と明るい純白の大きな花が美しい。
 英名 Ginger Lily より。別名ヘディキウム。漢方でシュクシャ(縮砂)と呼ばれ、根を日干ししてから煎じて、頭痛などの痛み止めや打撲傷のときの飲み薬にするとある。根は焼いたりして食べることもできるとも。花に甘い香りがあり、葉がショウガに似ている。
なお、ジンジャー(Ginger)の言葉には(1)ショウガ(Zingiber officinale)の英語名と、(2)当ハナシュクシャ属(Hedychium)を指す2つの場合がある。
 インド、マレー。安政3年以前に渡来し、古くから栽培されている。
 草丈・・1〜2m。
 花期・・8〜11月。白い蝶形の花。

 仲間にはH.コッキネウム(ベニバナシュクシャ、紅花縮砂)やH.ガードネリアヌム(キバナシュクシャ、黄花縮砂)、H.カーネウム(ニクイロシュクシャ、肉色縮砂)系統の交雑品種。
 花言葉・・・淡い恋心、無駄なこと
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system