イヌショウマ  Cimicifuga japonica/キンポウゲ科/多年草
2004年10月6日、保土ヶ谷公園入ってすぐの林内。
葉の大きさが、大きいものでも5cm位なのでイヌショウマと同定する。穂にならんだ白い花とつぼみの紅紫色がきれいだ。

和名の犬升麻は薬用にならない升麻の意。
関東地方から近畿地方の丘陵,山地,渓側などの樹の下にはえる。
高さ60〜110cm。根生葉は少数で長柄があり1〜3回3出,小葉は幅5〜10cm。
花は夏。初冬に見かけることも。雄しべ多数が広がり長さ5mm位。花柄がほとんどない。つぼみは紅紫色を帯びる。
オオバショウマの葉は大きく、長さ10〜20cmだが、イヌショウマの葉は小さく、長さ5〜10cmほど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system