イノコズチ(猪小槌)  Achyranthes japonica Nakai Achyranthes: イノコズチ属。ギリシア語の acyron (籾殻) + anthos (花)から。淡緑色で硬い籾殻状の花の様子を譬えたもの。
japonica: 日本の (of Japan: Japanese)。/ヒユ科/多年草
 2001年9月1日、神戸町桜ヶ丘高校から下りる坂道にて。

 茎の太い節を猪子(イノシシ)の膝頭に見立てた名前。果実にとげがあり、衣服などに付着する。
 分布・生育地:日本全土。山野のへり、道端、藪地など。
 草丈:40〜100cm。

 花期:8〜10月。花序の長さ:5〜20cm。緑色の小さい花を穂状につける。
 近似種:ヤナギイノコズチ、マルバイノコズチ、ヒナタイノコズチなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system