ホウチャクソウ  Disporum sessile Don/ユリ科/多年草
 2006年4月24日、明神台へ登る坂道日蔭斜面。
 斜面の日当たりが良くないところで、薄白緑色の花で目立たなく然し群生しているのを見つけた。

 下垂する花を寺院や五重塔の屋根の四隅に吊るされて飾りとなっている風鈴の宝鐸(ほうちゃく)に例えたもの。毒草。
 北海道から九州、およびサハリン、朝鮮半島、中国に分布。山地や丘陵地の薄暗い林内に生える。
 ときにつる枝を出す。茎は直立し、上部で分枝、高さ30〜50cm。葉は長さ5〜10cm。
 花は4〜5月、花被は筒状6裂、長さ3cmくらい、雄しべは中にある。
 ワニグチソウには花のすぐ上に2枚の葉があるので、その葉のないホウチャクソウとは区別できる。ナルコユリやアマドコロにも一見似ているが、ナルコユリなどは花びらが完全にくっついて筒になっているのに対して、ホウチャクソウは花びらが6枚全部1枚1枚離れていてバラバラ。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system