オランダガラシ(芥子)  Nasturtrium officinale/アブラナ科/多年草/別名 クレソン
 2007年5月5日、和田町せせらぎの道
 下の方の茎を触ってみるとごつごつと角張っていて中空のようだ。若い枝の場合は食用にもなるのだが。

 別名クレソン(cresson)のほうが一般化している。和名のオランダは外来種の意。外来種が野生化したもの。繁殖力が強く、頑丈な草で、ちょっとした切れ端からでも根を出して増えていく。そのため、水辺に真っ白になるくらい群生する光景をみかける。
 原産地:ヨーロッパ。明治時代初期に渡来。
 分布・生育地:栽培種が日本全土に野生化。水湿地、水辺、清流など。
 茎の高さ:20〜50cm。
 花期:4〜7月。花の径:1cm内外
 近似種:山野に自生するオオバタネツケバナなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system