ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)  Oenothera speciosa/アカバナ科/多年草
 2003年5月18日、星川2丁目。
 昼というよりも朝から咲いているツキミソウの仲間。写真は桃色の園芸品種でモモイロヒルザキツキミソウといわれる。

 原産地:北アメリカ。大正時代の末ごろに渡来。
 分布・生育地:本州(関東・中部地方以西)に野性化。河川敷の草むらや土手など。
 草丈:20〜50cm。鋸歯のある葉を互生する。
 花期:5〜7月。花径:3〜4cm。花は上向きに咲き、初めは白色で後に桃色になるが、初めから桃色の園芸品種もあり
 近似種:ツキミソウ、マツヨイグサの仲間など。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system