ハナセンナ(アンデスノオトメ)  Cassia corymbosa/マメ科/常緑低木
 2002年8月29日(木)晴れ、星川一丁目民家
 撮影以来、名前が分からなかったが、Webで名前を教えていただけるところに聞くと、即座に返事が返ってきた。それを元に検索してみると、名前などで多少混乱があるようだ。


 ブラジル、アルゼンチン原産。
 高さ2〜3mとなり、枝をよく分枝する。茎は平滑、葉は3〜5対の小葉からなり、葉片は多少曲った長楕円状披針形、濃い緑色。
 花期は8〜10月、鮮黄色で3〜5個ずつえき生か頂生の総状花序をつける。がく筒は短く5歯牙。花弁は5.雄しべ5〜10本。
 そう果は円筒状または扁平。
 コバノセンナ(スクランブルエッグ)は樹高1〜2m、花期10〜12月、丸みを帯びた葉
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system