ハッカ(薄荷)  Mentha arvensis L. var. piperascens Malinv. Mentha: ハッカ属。ギリシア神話の Menthe に由来。/シソ科/多年草
 2003年8月23日、初音ヶ丘道端斜面。

 和名は中国名・薄荷の音読み。ハッカ油をとるために栽培される。
 分布・生育地・・日本全土。野や丘陵地のやや湿った草地、溝のふちなど。
 草丈20〜60cm。茎は四角柱状で柔らかい毛がある。
 花期・・8〜10月。花の長さ4〜5mmの唇形花が葉腋に輪生。花色は白色〜淡紫色。
 近似種・・マルバハッカ、絶滅危惧種のヒメハッカ、ペパーミントと呼ばれるセイヨウハッカなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system