ギンモクセイ  Osmanthus asiaticus Nakai/モクセイ科/常緑小高木
 2003年10月5日、権太坂富士見商店街近くの民家で撮影。
 ギンモクセイの葉の縁は一見鋸歯がなく、つるつるしているように見えるが、手で葉の縁を滑らせてみると引っかかるものがあり、細かい鋸歯があることがわかる。一方、キンモクセイの葉はこの鋸歯が無い。

 漢名銀桂。旧暦8月を桂月といい10月上旬の白い花の意とのこと。
 中国原産。
 高さ・・3m以上。樹皮は灰白色、よく分枝し葉も多い。
 花期・・10月。葉腋に小花を散形状に束生、芳香を放つ。花冠は4深裂。
 キンモクセイ
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system