ガクアジサイ  Hydrangea macrophylla/ユキノシタ科/落葉低木
 (左)2007年6月3日、明神台団地、(右)2004年6月2日、保土ヶ谷体育館裏。
 両性花のブルーの花弁と白色の雄しべとで宝石のような輝きを見せてくれる一瞬だ。

 和名は装飾花を額にたとえた名。
 関東地方南部,伊豆半島,伊豆諸島などの暖地の海岸にはえ,また観賞用に広く栽植する。
 高さ2〜3mになり,枝は太い。葉は対生し,広卵形で厚く光沢があり,長さ7〜20cm。
 花は夏に咲き,枝先に集まり,がく片4〜5枚からなる装飾花を周囲につける。両性花はがく片と花弁が5枚からなる。
 いわゆるアジサイは当種から変化して生まれた品種とされている。右上の写真はベニガク (ヤマアジサイの園芸品種)であろうか?
 花言葉・・・無情、高慢、ほら吹き
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system