ダンギク(段菊)  Caryopteris incana Caryopteris: カリガネソウ属。ギリシア語の karyon (クルミ) + pteron (翼) から。
incana: 微白色の、灰色の、灰白色の (incanous; gray; hoary)。 /クマツヅラ科/多年草
 2004年9月19日、神戸町神社

 別名ランギク(蘭菊)、カリオプテリス。
 台湾や朝鮮半島、中国、日本では九州地方に自生するが、江戸時代から栽培されており鉢花や切花として利用される。
 草丈は60cmほど。
 密集した小花が段をなしてつき、9〜10月にかけて下から上に向かって開花していく。花には芳香があり、花色は紫のほか、白、桃もある。
 種間雑種にハナシキブ(花式部)と呼ばれるものがあり、ダンギクに比べて繊細な感じで鉢花としてよく利用される。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system