チヂミザサ  Oplisnmenus undulatifolius/イネ科/多年草
 (左)2001年9月15日、保土ヶ谷公園遊具広場。(中)2004年10月23日、保土ヶ谷公園球場裏斜面。(右)2006年2月24日、保土ヶ谷公園林内。

 葉の幅が広くササに似ていて、葉の縁に縮んだようなしわがあることからついた名前。
 北海道〜九州。山野の林などに生える。
 高さ10〜30cm。葉は広披針形で、基部は粗毛が生える葉鞘となる。
 茎頂に長さ5〜15cmの花序を出し、数本の短枝を分け、長さ2〜3mmの緑色の小穂をつける。果実が熟すると、芒に粘液を出し、動物などに付着して遠方へ散布される。
 近似種に全草に毛の多いケチヂミザサなど。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system