ボントクタデ  Persicartia pubescens/タデ科/多年草
 2001年10月6日、西谷付近の帷子川散歩道に面する断崖の下で。
 実を包む萼(がく)が真っ赤になり、茎の緑との対比が美しい。

 和名はポンツクの意で愚鈍者のこと,ヤナギタデに似るが辛味がないため、とのこと。
 本州〜沖縄。水辺や湿地に生える。
 高さ50〜70cm。茎には毛がまばらに生える。逆八の字の斑紋が葉の真ん中にある。
 花期9〜10月。花をまばらにつけた穂を、茎の先に垂れ下げる。
 ヤナギタデは茎に全く毛が生えない、また葉をかじるとピリッと辛い刺激的な味がする。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system