アメリカオニアザミ  Cirsium vulgare (Savi) Tenore /キク科/越年草/別名 セイヨウオニアザミ
 2004年8月22日、保土ヶ谷公園軟式球場そば

 これが植物なのかと疑いたくなるほど、茎から葉それに総苞片に長く鋭い棘を着け、まるで牙を剥き出した獣のように威嚇して他を寄せ付けない姿。触るととても痛い。アザミにはたくさんの種類があり同定が難しい。「横浜の植物」によると茎に翼があればこの種とするようだ。
 アメリカと名前が付いているが、原産地はヨーロッパ。

 繁殖力が強く、日本各地に侵食している。

 高さ2mぐらい。鋭いとげが特徴。茎葉は茎を抱かない。花時には根出葉は無い。

 花は上向きか斜め上向き。頭花は複数個。総苞片は粘着しない。

 同定が難しく、高さ、頭花の数や咲く向きが似ているものでは、ノハラアザミやアズマヤマアザミがあるが、葉や茎の棘の鋭さ長さからアメリカオニアザミとした。
<< Day Sequence >> Home Top
inserted by FC2 system